社会人になってから予備校を使って医学部を目指してみた

社会人からの医学部受験は楽な道ではない

医学部 予備校医学部受験予備校・塾の池袋理数セミナー

30代になってから医学部を受験した / 個別指導と面接試験対策がポイント / 社会人からの医学部受験は楽な道ではない

社会人になってから医学部受験を目指すというのはタイミングにもよりますが、決して楽な道ではありません。
常に勉強をし続けてきた学生や浪人生と同じ土俵で戦うには非常に悪い条件がそろっているという状況にありますので、普通以上の頑張り方をしなければ勝つことが難しいです。
勉強から離れていた期間が長ければ長いほど苦労をすることは間違いありません。
その様なことはわかっていたつもりですが、実際に取り組んでみると考えの甘さが良く分かってきました。
そのことに気づかせてくれたのも、乗り越えさせてくれたのも予備校のおかげだと感じられる部分が沢山ありました。
これから社会人経験をしてから医師の世界を目指すのであれば、この様な専門性の高いノウハウを持っている予備校を活用することがとても有効だったと記憶しています。
むしろ、この様な仕組みなしで合格するのはかなりハードルが高くなってしまうことを覚悟しなくてはいけません。
私は実際にサービスを利用して合格することが出来ましたので、この恩恵の大きさを大きく感じています。
最大限の努力は合格する人であれば全員が行っている当たり前のことですから、環境で少しでも差をつけることが大切です。